音楽機材

難解な音楽よりも伝わりやすいほうが良い

店舗で使用するbgmは、職種によってふさわしい曲が違うかもしれません。なぜなら、音楽が人の心理状態や脳に与える影響は、驚くほど大きいからですが、実際に心理学の研究でもかなり研究や実験が重ねられています。例えばパチンコ店など購買意欲や競争心を高めたい店舗で使用するbgmは、テンポの速い、一定の速いリズムを刻む音楽を選択すると良い、とされています。逆に心を落ち着かせることを目的とした、カウンセリング関係の運営を行う店舗だと、落ち着いたヒーリング音楽も最適です。そして、美容室やファッション等の店舗の場合は、とにかく明るく軽やかで、聞いていて晴れやかになる音楽が好まれます。

癒し系の声を持つ歌手の流行音楽も最適

また、ファッション関連の店舗で流す音楽は、いくら音楽の世界で優れた芸術作品として絶賛されていても、万人受けしない難しい音楽は避けた方が賢明です。ショッピング店舗は個人で楽しく音楽を聞く場所ではなく、何人ものお客さんが立ち寄る場所ですから、年齢性別問わず、ある程度万人に好まれるbgm音楽で、わかりやすいイメージの物のほうが、受け入れられる傾向は高いです。がしかし、店舗によっては店主の圧倒的な個性を売りに営業を行うところもありますから、時と場合に合わせて選択すると良いです。

逆に個性を前面に出すという方法論もある

店主の圧倒的な個性を売りにする店舗の場合は、音量や流すタイミング等も、すべて個人の感性で良いといえます。がしかし、個性を売りにしていない店舗の場合は、誰にでも理解しやすく心地よい音楽が好まれますが、歌手の中にはf分の一揺らぎ、という癒しの力の大変強い歌声を持っている人がいますから、積極的に選択してみると良いかもしれません。癒し系の歌手を探したい場合はさほど難しいこともなく、ネット等で調べてみると、かなりの情報が載っています。f分の一揺らぎの歌手のbgmの場合は、だれにでも幅広く受け入れられやすい為、年齢の幅の広いお客さんの多い職種の店舗などに特に向いています。

著作権が気になる人は事前にチェックできる

また、最近では、店舗に流す音楽も、著作権が発生する場合もありますから、事前に調べてから流した方が良いです。著作権が気になる場合は、ネットで検索すると著作権フリーの音楽も多くありますから、調べてみると便利です。そして、人気のある歌手の歌を流すと、心理学でいう相乗効果で、商品やお店のイメージも良くなる可能性も否定できませんから、試してみると良いかもしれません。店舗に流すbgmによって店の印象や売り上げが変わる可能性があるという実験結果は、あながち無視できない存在でもあります。そして、店舗の内装と、bgmがマッチしていると、とても素敵なお店になりますし、再度訪問したくなる人も増えるかもしれませんから、徹底的に研究してみるのも素晴らしいです。f分の一揺らぎを持つ歌手の人の音楽だと、年齢性別問わず親しまれる可能性は高いため、いつもレパートリーは多めに揃えておくと便利です。

広告募集中