HOME>注目記事>権利者に許可を取らずに楽曲を利用できるサービス

プロの楽曲を使いたいなら

音符

運営している店舗で、何かしらのbgmを流したいと考えたときに、気にしなければいけないのが権利の問題です。プロが作った楽曲には著作権があるため、使用料を支払わなければ、商用利用としてbgmを流すことはできません。もしも、商用利用でプロの作った楽曲を使いたいなら、権利を侵害しないためにも、ビジネスのための有線放送を活用しましょう。ビジネス用の有線放送は、サービスを提供してくれている会社が、すでに権利者に楽曲の使用料をきちんと支払っています。そのため、誰もが知っている有名な楽曲だとしても、権利をまったく気にすることなく店舗でbgmとして流せるようになります。

クオリティの高い曲を使える

楽器

権利を気にせずに、楽曲を使いたいなら、インターネットで著作権フリーで配布されているものを利用することもできます。しかし、素人が作った楽曲なことに加えて、無料で配布されているため、高いクオリティを望むのは難しいでしょう。有線放送ならば、そこから流れる楽曲はすべてプロが作ったものなので、どれもが高クオリティです。店舗の雰囲気作りとしてbgmを流すのですから、有線放送でクオリティの高いプロの楽曲を使ったほうがよいでしょう。

お店の雰囲気に合わせて選べる

音符

有線放送は好きな曲を好きなときに流せるシステムではなく、リアルタイムで放送されている曲を店舗で流すシステムです。そのため、店舗の雰囲気に合わないものが流れてくるのではないかと、心配する方もいるでしょう。しかし、有線放送にはチャンネルが合って、ジャンルによって分かれているので心配するようなことは起こりません。J-POPやジャズなど、さまざまなチャンネルがあるので、店舗の雰囲気に合わせたbgmをしっかりと選定できます。

広告募集中